フジテレビ人気番組VVV6
【ラーメン店主が選ぶ旨いつけ麺店第1位獲得!!】
フジテレビ人気番組メントレGメントレレストラン
【もう一度食べたい料理ベスト3獲得!!】
TOKYO1週間
【2006・2007・2008ラーメンオブサイヤー獲得!!】
大人気!!売れ切れ御免!!つけ麺はこちら!!!


山田孝之、結婚迫られ苦悩…三股男熱演!

 若手実力派俳優、山田孝之(27)が、今秋に公開される映画「指輪をはめたい」(岩田ユキ監督)で、三股をかける“最低男”を演じることが15日、分かった。ひょんな事故で記憶の一部を失った男が、三股交際していた違ったタイプの女性3人から同時に結婚を迫られ、誰を選ぶか悩む物語。結婚適齢期の山田は「主人公の結婚に対する考え方に共感ができた」と、役柄に刺激を受けたようだ。

 05年公開の映画「電車男」で、ひとりの女性を一途に想うオタクを演じた山田が、今度は三股をかける最低男役に挑む。

 映画は芥川賞作家、伊藤たかみ(39)の同名小説が原作で、婚約指輪を買った男(山田)が記憶を失い、三股をかけていた女性の誰と結婚しようとしていたかを思い出せず苦悩する物語。

 主人公について岩田監督は「人間臭いキャラクターにしたかった」といい、「山田さんは繊細な揺らぎが表現できる」と起用理由を説明。「彼は役のためなら、どこまでも格好悪くなれる覚悟がある」と期待を寄せる。

 山田が三股をかける相手は、知的な会社の先輩、快活な風俗嬢、大和撫子風な女性で、いずれも容姿端麗な美女。尊敬する先輩を取るか、気楽で自由な関係を築ける風俗嬢を取るか、一緒にいて安心感を与えてくれる大和撫子を取るか…。

 結婚に1番大事なものを探す主人公の姿に、オファーを受けた山田は「結婚に対する考え方に共感ができて面白いと思いました」と快諾した。

 最近は、TBS系ドラマ「闇金ウシジマくん」での闇金融社長役、映画「十三人の刺客」の武将役、同「太平洋の奇跡」での軍人役など男臭い役が多かった。が、もともとコメディーからシリアスまで幅広い役を演じ分けられる若手演技派。その実力は世界にも認められ、昨年10月には、米大手エンタテインメント誌「ザ・ハリウッド・レポーター」が選ぶ「今後の活躍が期待される世界の注目俳優10人」に、日本人で唯一選出された。

 昨年11月から丸1カ月をかけて撮影した同作は、役者として大きな“勲章”を受けてから初めて臨んだ主演作。山田は全体の96%に出演。毎日4時間ぐらいの睡眠時間という超過密スケジュールにも気合で乗り切った。

 「クマができたり、目が充血したりしたんですが、役柄的には、かえってリアルでいいかなと思い、眠れないでフラフラしている感じをそのまま活かして演じました」とサラリ。役者魂で演じた山田の渾身作に注目だ。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
引用元:Yahoo!JAPANニュース






今回も旬なエンタメニュースをお届けしました。

次回もお楽しみに♪

山田孝之、結婚迫られ苦悩…三股男熱演!

 若手実力派俳優、山田孝之(27)が、今秋に公開される映画「指輪をはめたい」(岩田ユキ監督)で、三股をかける“最低男”を演じることが15日、分かった。ひょんな事故で記憶の一部を失った男が、三股交際していた違ったタイプの女性3人から同時に結婚を迫られ、誰を選ぶか悩む物語。結婚適齢期の山田は「主人公の結婚に対する考え方に共感ができた」と、役柄に刺激を受けたようだ。

 05年公開の映画「電車男」で、ひとりの女性を一途に想うオタクを演じた山田が、今度は三股をかける最低男役に挑む。

 映画は芥川賞作家、伊藤たかみ(39)の同名小説が原作で、婚約指輪を買った男(山田)が記憶を失い、三股をかけていた女性の誰と結婚しようとしていたかを思い出せず苦悩する物語。

 主人公について岩田監督は「人間臭いキャラクターにしたかった」といい、「山田さんは繊細な揺らぎが表現できる」と起用理由を説明。「彼は役のためなら、どこまでも格好悪くなれる覚悟がある」と期待を寄せる。

 山田が三股をかける相手は、知的な会社の先輩、快活な風俗嬢、大和撫子風な女性で、いずれも容姿端麗な美女。尊敬する先輩を取るか、気楽で自由な関係を築ける風俗嬢を取るか、一緒にいて安心感を与えてくれる大和撫子を取るか…。

 結婚に1番大事なものを探す主人公の姿に、オファーを受けた山田は「結婚に対する考え方に共感ができて面白いと思いました」と快諾した。

 最近は、TBS系ドラマ「闇金ウシジマくん」での闇金融社長役、映画「十三人の刺客」の武将役、同「太平洋の奇跡」での軍人役など男臭い役が多かった。が、もともとコメディーからシリアスまで幅広い役を演じ分けられる若手演技派。その実力は世界にも認められ、昨年10月には、米大手エンタテインメント誌「ザ・ハリウッド・レポーター」が選ぶ「今後の活躍が期待される世界の注目俳優10人」に、日本人で唯一選出された。

 昨年11月から丸1カ月をかけて撮影した同作は、役者として大きな“勲章”を受けてから初めて臨んだ主演作。山田は全体の96%に出演。毎日4時間ぐらいの睡眠時間という超過密スケジュールにも気合で乗り切った。

 「クマができたり、目が充血したりしたんですが、役柄的には、かえってリアルでいいかなと思い、眠れないでフラフラしている感じをそのまま活かして演じました」とサラリ。役者魂で演じた山田の渾身作に注目だ。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
引用元:Yahoo!JAPANニュース






今回も旬なエンタメニュースをお届けしました。

次回もお楽しみに♪

山田孝之、結婚迫られ苦悩…三股男熱演!

 若手実力派俳優、山田孝之(27)が、今秋に公開される映画「指輪をはめたい」(岩田ユキ監督)で、三股をかける“最低男”を演じることが15日、分かった。ひょんな事故で記憶の一部を失った男が、三股交際していた違ったタイプの女性3人から同時に結婚を迫られ、誰を選ぶか悩む物語。結婚適齢期の山田は「主人公の結婚に対する考え方に共感ができた」と、役柄に刺激を受けたようだ。

 05年公開の映画「電車男」で、ひとりの女性を一途に想うオタクを演じた山田が、今度は三股をかける最低男役に挑む。

 映画は芥川賞作家、伊藤たかみ(39)の同名小説が原作で、婚約指輪を買った男(山田)が記憶を失い、三股をかけていた女性の誰と結婚しようとしていたかを思い出せず苦悩する物語。

 主人公について岩田監督は「人間臭いキャラクターにしたかった」といい、「山田さんは繊細な揺らぎが表現できる」と起用理由を説明。「彼は役のためなら、どこまでも格好悪くなれる覚悟がある」と期待を寄せる。

 山田が三股をかける相手は、知的な会社の先輩、快活な風俗嬢、大和撫子風な女性で、いずれも容姿端麗な美女。尊敬する先輩を取るか、気楽で自由な関係を築ける風俗嬢を取るか、一緒にいて安心感を与えてくれる大和撫子を取るか…。

 結婚に1番大事なものを探す主人公の姿に、オファーを受けた山田は「結婚に対する考え方に共感ができて面白いと思いました」と快諾した。

 最近は、TBS系ドラマ「闇金ウシジマくん」での闇金融社長役、映画「十三人の刺客」の武将役、同「太平洋の奇跡」での軍人役など男臭い役が多かった。が、もともとコメディーからシリアスまで幅広い役を演じ分けられる若手演技派。その実力は世界にも認められ、昨年10月には、米大手エンタテインメント誌「ザ・ハリウッド・レポーター」が選ぶ「今後の活躍が期待される世界の注目俳優10人」に、日本人で唯一選出された。

 昨年11月から丸1カ月をかけて撮影した同作は、役者として大きな“勲章”を受けてから初めて臨んだ主演作。山田は全体の96%に出演。毎日4時間ぐらいの睡眠時間という超過密スケジュールにも気合で乗り切った。

 「クマができたり、目が充血したりしたんですが、役柄的には、かえってリアルでいいかなと思い、眠れないでフラフラしている感じをそのまま活かして演じました」とサラリ。役者魂で演じた山田の渾身作に注目だ。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
引用元:Yahoo!JAPANニュース






今回も旬なエンタメニュースをお届けしました。

次回もお楽しみに♪

山田孝之、結婚迫られ苦悩…三股男熱演!

 若手実力派俳優、山田孝之(27)が、今秋に公開される映画「指輪をはめたい」(岩田ユキ監督)で、三股をかける“最低男”を演じることが15日、分かった。ひょんな事故で記憶の一部を失った男が、三股交際していた違ったタイプの女性3人から同時に結婚を迫られ、誰を選ぶか悩む物語。結婚適齢期の山田は「主人公の結婚に対する考え方に共感ができた」と、役柄に刺激を受けたようだ。

 05年公開の映画「電車男」で、ひとりの女性を一途に想うオタクを演じた山田が、今度は三股をかける最低男役に挑む。

 映画は芥川賞作家、伊藤たかみ(39)の同名小説が原作で、婚約指輪を買った男(山田)が記憶を失い、三股をかけていた女性の誰と結婚しようとしていたかを思い出せず苦悩する物語。

 主人公について岩田監督は「人間臭いキャラクターにしたかった」といい、「山田さんは繊細な揺らぎが表現できる」と起用理由を説明。「彼は役のためなら、どこまでも格好悪くなれる覚悟がある」と期待を寄せる。

 山田が三股をかける相手は、知的な会社の先輩、快活な風俗嬢、大和撫子風な女性で、いずれも容姿端麗な美女。尊敬する先輩を取るか、気楽で自由な関係を築ける風俗嬢を取るか、一緒にいて安心感を与えてくれる大和撫子を取るか…。

 結婚に1番大事なものを探す主人公の姿に、オファーを受けた山田は「結婚に対する考え方に共感ができて面白いと思いました」と快諾した。

 最近は、TBS系ドラマ「闇金ウシジマくん」での闇金融社長役、映画「十三人の刺客」の武将役、同「太平洋の奇跡」での軍人役など男臭い役が多かった。が、もともとコメディーからシリアスまで幅広い役を演じ分けられる若手演技派。その実力は世界にも認められ、昨年10月には、米大手エンタテインメント誌「ザ・ハリウッド・レポーター」が選ぶ「今後の活躍が期待される世界の注目俳優10人」に、日本人で唯一選出された。

 昨年11月から丸1カ月をかけて撮影した同作は、役者として大きな“勲章”を受けてから初めて臨んだ主演作。山田は全体の96%に出演。毎日4時間ぐらいの睡眠時間という超過密スケジュールにも気合で乗り切った。

 「クマができたり、目が充血したりしたんですが、役柄的には、かえってリアルでいいかなと思い、眠れないでフラフラしている感じをそのまま活かして演じました」とサラリ。役者魂で演じた山田の渾身作に注目だ。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
引用元:Yahoo!JAPANニュース






今回も旬なエンタメニュースをお届けしました。

次回もお楽しみに♪

山田孝之、結婚迫られ苦悩…三股男熱演!

 若手実力派俳優、山田孝之(27)が、今秋に公開される映画「指輪をはめたい」(岩田ユキ監督)で、三股をかける“最低男”を演じることが15日、分かった。ひょんな事故で記憶の一部を失った男が、三股交際していた違ったタイプの女性3人から同時に結婚を迫られ、誰を選ぶか悩む物語。結婚適齢期の山田は「主人公の結婚に対する考え方に共感ができた」と、役柄に刺激を受けたようだ。

 05年公開の映画「電車男」で、ひとりの女性を一途に想うオタクを演じた山田が、今度は三股をかける最低男役に挑む。

 映画は芥川賞作家、伊藤たかみ(39)の同名小説が原作で、婚約指輪を買った男(山田)が記憶を失い、三股をかけていた女性の誰と結婚しようとしていたかを思い出せず苦悩する物語。

 主人公について岩田監督は「人間臭いキャラクターにしたかった」といい、「山田さんは繊細な揺らぎが表現できる」と起用理由を説明。「彼は役のためなら、どこまでも格好悪くなれる覚悟がある」と期待を寄せる。

 山田が三股をかける相手は、知的な会社の先輩、快活な風俗嬢、大和撫子風な女性で、いずれも容姿端麗な美女。尊敬する先輩を取るか、気楽で自由な関係を築ける風俗嬢を取るか、一緒にいて安心感を与えてくれる大和撫子を取るか…。

 結婚に1番大事なものを探す主人公の姿に、オファーを受けた山田は「結婚に対する考え方に共感ができて面白いと思いました」と快諾した。

 最近は、TBS系ドラマ「闇金ウシジマくん」での闇金融社長役、映画「十三人の刺客」の武将役、同「太平洋の奇跡」での軍人役など男臭い役が多かった。が、もともとコメディーからシリアスまで幅広い役を演じ分けられる若手演技派。その実力は世界にも認められ、昨年10月には、米大手エンタテインメント誌「ザ・ハリウッド・レポーター」が選ぶ「今後の活躍が期待される世界の注目俳優10人」に、日本人で唯一選出された。

 昨年11月から丸1カ月をかけて撮影した同作は、役者として大きな“勲章”を受けてから初めて臨んだ主演作。山田は全体の96%に出演。毎日4時間ぐらいの睡眠時間という超過密スケジュールにも気合で乗り切った。

 「クマができたり、目が充血したりしたんですが、役柄的には、かえってリアルでいいかなと思い、眠れないでフラフラしている感じをそのまま活かして演じました」とサラリ。役者魂で演じた山田の渾身作に注目だ。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
引用元:Yahoo!JAPANニュース






今回も旬なエンタメニュースをお届けしました。

次回もお楽しみに♪

韓流、今度はミュージカル 大ヒット「宮(クン)」京都・南座で6月

 ■松竹が初提携、共同製作も視野

 昨年、韓国で大ヒットした話題の韓国製創作ミュージカル「宮(クン)」が日本上陸、6月の京都・南座で上演されることが15日、わかった。歌舞伎興行などを行う松竹が初めて韓国と手を組んで招聘(しょうへい)した作品で、日本でも絶大な人気を誇る東方神起のユンホが主演したことでも知られている。ドラマ「冬のソナタ」や映画から始まり、K−POPと広がった韓流ブーム。次なる潮流は舞台、“韓流ミュージカル”になりそうだ。

 「宮」は、「もしも韓国にまだ皇室が続いていたら」という大胆なフィクションで展開するラブロマンス。

 クールで孤独な韓国の皇太子と元気で明るい庶民の娘の身分違いの恋を描いた作品で、原作は韓国でミリオンセラーを記録した人気漫画。2006年にはテレビドラマ化され、日本でも放映され評判を呼んだ。

 ミュージカルは、脚本、演出、音楽をはじめすべて韓国人スタッフ、キャストによって作られ、昨年9月、ソウルで初演。以降、各地で上演され、主役のシン皇太子をトリプルキャストで演じた東方神起のユンホの人気もあってチケットが完売になる日も多く、日本からも大挙ファンが押し寄せた。

 ◆アイドル起用

 今回の日本公演は、韓国での公演とほとんど間をおかず行われる。言葉は韓国語(字幕付き)。歌、ダンスともさらにパワーアップさせ、「より進化した『宮』を見ていただきたい」と、「宮」を製作した「GROUP8」のキム・ホヨン副社長は話す。現段階では主役のシン皇太子役は未定だが、日韓両国で人気のある韓国のアイドルスターのキャスティングを考えているという。

 キム副社長は「物語のおもしろさに加え、韓国の伝統的な音楽と現代のヒップホップを組み合わせた音楽やダンスの多様性や魅力はアジアのどこに出しても受けるコンテンツだと思う」とその魅力を語る。さらに「『宮』は南座という歴史的劇場にぴったりの作品。ここで歴史に残る公演を行いたい」と話した。

 ◆高まるレベル

 日本では昨年、韓国のテレビドラマ「アイリス」が民放のゴールデンタイムで放送され、「少女時代」をはじめ韓国のアイドルグループが続々日本でデビューし旋風を巻き起こすなど韓国の文化芸能に対する関心が高まりを見せている。そこへ、新たに参入した韓流ミュージカル。

 松竹の荒牧大四郎取締役は「舞台芸術は国を超えて素直に感動し合える素晴らしい文化。最近の韓国のミュージカルは非常にレベルが高く、隣の国にこんなすごい作品を作る力があることを知ってもらいたい。今後も広く韓国と交流し、将来的には共同製作も考えてゆきたい」と話している。(亀岡典子)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
引用元:Yahoo!JAPANニュース






今回も旬なエンタメニュースをお届けしました。

次回もお楽しみに♪

桑原アナ、腰椎骨折…回復し仕事にも復帰

 元関西テレビの桑原征平アナウンサー(66)が自宅で転倒し、腰椎の横に突起している骨を骨折していたことが14日、分かった。

 本紙の取材に応じた桑原アナによると、昨年12月30日朝、兵庫県西宮市内の自宅で両手にゴミ袋を持って階段を降りていたところ、足を滑らせて転倒。腰を強打し、救急車で同市内の病院に搬送され、第2腰椎横突起骨折で全治1カ月と診断されたという。

 だが、水泳で体を鍛えているだけに元日には立てるようになり、退院。3日間の入院で済み、5日にはレギュラーのABCラジオ「粋も甘いも」(水、木曜正午)に生出演を果たした。

 現在もコルセットを付けており、痛みは残っているが、水泳の練習も再開。「昔から体力だけのアナウンサーやったんで。歩けるようになってホッとしました」と話している。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
引用元:Yahoo!JAPANニュース






今回も旬なエンタメニュースをお届けしました。

次回もお楽しみに♪

桑原アナ、腰椎骨折…回復し仕事にも復帰

 元関西テレビの桑原征平アナウンサー(66)が自宅で転倒し、腰椎の横に突起している骨を骨折していたことが14日、分かった。

 本紙の取材に応じた桑原アナによると、昨年12月30日朝、兵庫県西宮市内の自宅で両手にゴミ袋を持って階段を降りていたところ、足を滑らせて転倒。腰を強打し、救急車で同市内の病院に搬送され、第2腰椎横突起骨折で全治1カ月と診断されたという。

 だが、水泳で体を鍛えているだけに元日には立てるようになり、退院。3日間の入院で済み、5日にはレギュラーのABCラジオ「粋も甘いも」(水、木曜正午)に生出演を果たした。

 現在もコルセットを付けており、痛みは残っているが、水泳の練習も再開。「昔から体力だけのアナウンサーやったんで。歩けるようになってホッとしました」と話している。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
引用元:Yahoo!JAPANニュース






今回も旬なエンタメニュースをお届けしました。

次回もお楽しみに♪

桑原アナ、腰椎骨折…回復し仕事にも復帰

 元関西テレビの桑原征平アナウンサー(66)が自宅で転倒し、腰椎の横に突起している骨を骨折していたことが14日、分かった。

 本紙の取材に応じた桑原アナによると、昨年12月30日朝、兵庫県西宮市内の自宅で両手にゴミ袋を持って階段を降りていたところ、足を滑らせて転倒。腰を強打し、救急車で同市内の病院に搬送され、第2腰椎横突起骨折で全治1カ月と診断されたという。

 だが、水泳で体を鍛えているだけに元日には立てるようになり、退院。3日間の入院で済み、5日にはレギュラーのABCラジオ「粋も甘いも」(水、木曜正午)に生出演を果たした。

 現在もコルセットを付けており、痛みは残っているが、水泳の練習も再開。「昔から体力だけのアナウンサーやったんで。歩けるようになってホッとしました」と話している。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
引用元:Yahoo!JAPANニュース






今回も旬なエンタメニュースをお届けしました。

次回もお楽しみに♪

NHK会長、後任に永井専務理事を推薦

 24日に任期満了となるNHKの福地茂雄会長(76)の後任人事で、福地氏が自らの後任に、永井研二NHK専務理事・技師長(62)を小丸成洋経営委員長に推薦していたことが、明らかになった。

 後任会長人事を協議する臨時の経営委員会は15日に開かれ、決定には12人の経営委員のうち9人の賛成が必要だ。

 経営委員の中には24日の期限ぎりぎりまでNHK外部からの起用を模索すべきだとの声があり、早稲田大学前総長の白井克彦氏(71)らを推す動きも依然続いている。小丸委員長が永井氏を提案するかどうかも含めて、人事が決着するかどうかは不透明な情勢だ。

 NHK関係者によると、今月12日、福地会長は経営委員会に出席した際、次期会長に求められる資質などを委員に対して説明。さらに小丸委員長に対し、永井氏の会長昇格を求めたという。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
引用元:Yahoo!JAPANニュース






今回も旬なエンタメニュースをお届けしました。

次回もお楽しみに♪
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。